• おめかしした赤ちゃん
  • 幸せそうなお母さんと赤ちゃん
  • ニコニコの赤ちゃん
  • 赤ちゃんにキスをするお母さん

出産が初めてのお母さんにとって、赤ちゃんが飲むミルクの量が多過ぎる、あるいは少なかったりすると心配になるのは当然のことですよね。どのくらいの量のミルクが赤ちゃんの適量なのかを生後日数ごとにまとめてみました。

生後2ヶ月のミルクの量や回数の目安|飲み過ぎ、ミルクを吐くトラブルの対処法まとめ > ミルクを飲む量が少ない、ミルクを飲みすぎる、あるいはミルクを吐くような場合

ミルクを飲む量が少ない、ミルクを飲みすぎる、あるいはミルクを吐くような場合

赤ちゃんにあげるミルクは適量を守ることも大切ですが、赤ちゃんの機嫌や生育具合もよく観察することが大切です。ここでは、赤ちゃんが飲むミルクの量について、飲みすぎたり、飲む量が少なかったり、または吐き出してしまうような場合についてみてみましょう。

赤ちゃんにあげるミルクの適量

哺乳瓶に入った調乳

すべての赤ちゃんがミルクをよく飲んでくれるというわけではありません。中にはミルクを飲む量が極端に少ない赤ちゃんもいますから、標準よりも少ない場合には小児科の先生に相談するのがいちばんです。

待望の赤ちゃんが生まれると、どのお母さんも赤ちゃんがすくすく育ってくれるようにとできるだけたくさんの母乳やミルクを飲ませようとするものです。でも赤ちゃんの月齢に合ったミルクの量をきちんと知っておかないと、「うちの子、ミルクを全然飲んでくれないわ!」と焦ってしまうことにもなります。

生まれたての赤ちゃんというのは日に日に成長していきますから、生後7日目までは毎日ミルクの量を増やしていく必要があります。基本量は生後日数に10mlを掛けたものに10ml加えたものを1回の授乳量とします。ですから生後1日目であれば1?10+10=20mlが1回分、授乳回数が8回とすると160mlが1日の適量になります。生後7日目であれば7?10+10=80が1回分、1日なら80?8=640mlということです。8日目以降2週間目までは1回80ml、1日の授乳回数は7~8回を維持します。この後1ヶ月ころまでは1回100~120ml、1日7回の量をキープします。

以上の標準量よりも飲む量が極端に少ない場合にはもしかすると粉ミルクの味や温度が赤ちゃんに合っていない、あるいは哺乳瓶の乳首の形状が吸いにくい、飲ませるときの姿勢に無理があるなどの原因が考えられます。粉ミルクや哺乳瓶のメーカーを変えてみる、もしくは温度を適切にしても尚かつ飲む量が増えないようなときはミルクアレルギーの可能性もありますので注意しましょう。

アレルギーのある赤ちゃん専用のミルクもある

背中が湿疹だらけの赤ちゃん

ミルクにはタンパク質の一種であるカゼインやアルブミンが含まれていますが、これらの成分にアレルギーのある赤ちゃんも稀にいますから、小児科で検査してもらうのもいいかもしれません。アレルギーであることがわかった場合にはミルクアレルギー専用の粉ミルクをあげるか、母乳だけに切り替えます。

逆にミルクを飲み過ぎる赤ちゃんもいますが、飲んでも吐かないようであれば標準量の2割増し程度までならそれほど神経質になることはありません。ただ、ミルクをたくさん飲んで吐く場合には少し様子を見たほうが無難です。

ミルクを吐く場合は赤ちゃんの様子をよく観察することが必要

ミルクを吐く赤ちゃん

赤ちゃんというのは消化機能がまだ十分に発達していませんから、ミルクを飲ませた後すぐに寝かせたり飲む量が多すぎたりすると「いつ乳」といって飲んだミルクを吐いてしまうことがあります。

吐いた後、機嫌がいいのなら心配はありませんが噴水のように大量に吐いてしまった、あるいはミルクを飲むたびに吐く、吐いた嘔吐物にミルク以外の色が混じっているといった場合にはすぐにお医者さんに連れていきましょう。

ミルクを勢いよく吐くことが何度か続く場合は「肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)」という病気である可能性も考えられます。これは幽門(胃の出口の部分)が分厚くなってしまい、飲んだミルクが胃から腸にスムーズに移行できなくなるという病気ですから即座に医師の診察が必要です。これは生後2~3週間から3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんにたまに見られる症状です。