• おめかしした赤ちゃん
  • 幸せそうなお母さんと赤ちゃん
  • ニコニコの赤ちゃん
  • 赤ちゃんにキスをするお母さん

生後2ヶ月というと赤ちゃんもミルクを吸う力が強くなり、一度に飲める量も増えるので授乳回数も減ってきます。完全母乳にするかあるいは混合・完ミにするかはお母さんの体質や赤ちゃんの好みにもよりますから、臨機応変に対処していくといいですね。

生後2ヶ月の赤ちゃんの授乳・ミルクの回数や量は?

生後2ヶ月ぐらいまで来ると赤ちゃんも一度に寝る時間が3時間以上になるのでお母さんもほっと一息です。母乳にするか粉ミルクのみにするかは赤ちゃんの生育具合を見ながら決めていきましょう。

生後2ヶ月も経つと赤ちゃんも体力がついてくる

元気の良い赤ちゃん

生まれたての赤ちゃんというのはまだ母乳を吸う力が弱く、少し飲むとすぐに眠ってしまうので授乳に感覚が短く、お産で力を使い果たしたお母さんにとって、授乳はかなりの重労働です。

このころは一日中ほとんど授乳に明け暮れることも少なくないのですが、生後1ヶ月になると少し落ち着き、授乳も1~3時間に一回で済むようになります。

さらに生後2ヶ月も経つと赤ちゃんも体力がついてきて3時間ぐらいはまとめて眠ることができるようになります。こうなれば夜中に赤ちゃんの泣き声で目を覚まして母乳を与える回数もぐっと減り、昼間の授乳も1~3時間おきで済むようになりますのでお母さんもほっとひと息つくことができます。

母乳をあげる回数

母乳をあげるお母さん

生後2ヶ月の赤ちゃんの授乳回数はおよそ1日に8~10回程度です。1回にかける時間は左右10分ぐらいを目安にするといいでしょう。左右で母乳の出方が違うことがよくありますが、この場合には出の悪いおっぱいの方からあげるようにしましょう。1回に赤ちゃんが飲むミルクの量はだいたい140~160ml程度です。

赤ちゃんを育てるにあたってお母さんが悩むのは母乳だけで育てるか、母乳と粉ミルクの両方をあげるか、それとも完ミ(粉ミルクのみ)にするかはお母さんの体調や赤ちゃんの嗜好にもよりますのでいちがいにどれがいいとは言えません。

育児休暇が短く、出産早々に職場に復帰しなければいけないのであれば完全母乳を早めに切り上げることを想定してミルクの割合を徐々に増やしていくことで乳腺炎などのトラブルも避けることができます。

また、お母さんの中には体質的に母乳の出にくい人がけっこういて、母乳育児にこだわるとストレスから余計に母乳が出なくなってしまうことがあります。ですから母乳または粉ミルクのどちらかに固執せず、どちらにしたほうがお母さんの身体が楽か、また赤ちゃんも喜んで飲んでくれるかを観察しながら臨機応変に対処していくのがいちばんです。

完ミにもそれなりのメリットがある

調乳を哺乳瓶であげるお母さん

完ミのメリットは赤ちゃんがどのぐらいの量を飲んでくれたかが一目で分かることにあります。特に初産のお母さんの場合は不安なことばかりなので、完ミにすることで赤ちゃんがちゃんとミルクを飲んでいることを確認することができます。

完ミのメリットはそれだけではありません。授乳中、お母さんが食べたり飲んだりしたものはダイレクトに母乳に反映してしまいます。そうすると、アルコールやカフェイン、脂っこい食事などを避けなければなりません。

この点、完ミであれば時にはハメを外して焼肉屋さんで酎ハイを傾けながら思う存分焼肉とキムチを食べるといったストレス解消もできます。子育てというのは楽しむべきものであって、ストレスを溜め込んで「あれもだめ、これもだめ」と自分を抑圧してノイローゼになるためのものではありません。

ただし完ミの場合、お母さんの子宮復古が遅れることがあることだけは覚えておきましょう。赤ちゃんが乳頭を吸ってくれるとオキシトシン(Oxytocin)と呼ばれる物質が分泌されて子宮が収縮し、元通りになるのを促進してくれます。オキシトシンは「愛情ホルモン」とも呼ばれている物質ですが、完ミだとこれが分泌されないので子宮復古が遅れがちです。