• おめかしした赤ちゃん
  • 幸せそうなお母さんと赤ちゃん
  • ニコニコの赤ちゃん
  • 赤ちゃんにキスをするお母さん

生後5~6ヶ月ころまではミルクか母乳だけをあげていればいいのですが、乳歯が生えてくるとそろそろ離乳食が始まります。お母さんが頭を悩ませるのは離乳食とミルクとの量の兼ね合いですね。具体的にどの程度のミルクを離乳食と一緒にあげればいいのか、だいたいの目安を示してみました。

生後2ヶ月のミルクの量や回数の目安|飲み過ぎ、ミルクを吐くトラブルの対処法まとめ > 離乳食が始まったら授乳・ミルクの回数や量はどうなる?

離乳食が始まったら授乳・ミルクの回数や量はどうなる?

乳歯が生え始めるころから離乳食が始まりますが、だからといって授乳やミルクを極端に減らしてしまわず、徐々にミルクの回数や量を減らしていくのがおすすめです。

離乳食は生後5~6ヶ月から

お母さんが赤ちゃんに離乳食を与えている様子

赤ちゃんは生まれてから5~6ヶ月目ぐらいまで、ずっと母乳とミルクだけで成長します。離乳食が始まるのは、乳歯が生えてくるころです。乳歯は下の前歯から出てきますが、これが生えてくるということは「そろそろ物を噛んで食べられますよ」というサインでもあります。

また、首のすわって来る時期が離乳食をスタートするのにちょうどいいという考え方もあります。首が座ってくる時期というのは家族が何を食べているかに興味を示す時期でもあり、授乳後も何かものほしそうにお母さんの顔を見て、お父さんがご飯を食べているのをじっと見るようになります。こうなったらミルクだけではなくて食べ物にも興味が出てきた証拠ですから、離乳食を始めるにはちょうどいい時期でしょう。

生後6ヶ月~12ヶ月

離乳食を嫌がる赤ちゃん

生後6ヶ月から12ヶ月にかけては食物アレルギーの検査も受けることができますから、この検査を済ませてから離乳食に入るのも、いいタイミングです。アレルギーは小さいころから対策を講じておけば悪化しないうちに症状を食い止めることができますから、ぜひ検査を受けさせるようにしたいものです。

離乳食が始まると疑問に思うのがミルクの回数と量です。離乳食をスタートさせたからといってこれまでとまったく違う食生活をさせたのでは赤ちゃんの身体が付いてきませんから、最初のうちは母乳やミルクと並行させていくようにします。

特に生後5~6ヶ月のうちはこれまでと同量のミルクを用意し、離乳食は食べたがるだけほんのちょっとあげるといいでしょう。離乳食を始めたてのころはおかゆが小さじ1杯と野菜を茹でてつぶしたものが小さじ1杯程度、量としてはごくわずかです。

生後7~8ヶ月になると離乳食も旺盛に食べるようになりますから、ミルクのほうは1日の量をおよそ700~900mlにします。生後9~11ヶ月ともなるとだんだん離乳食が中心の食生活になってきますから、ミルクを飲む量は自然に減ってきます。目安としては食事の後に100ml前後のミルクが適量です。

離乳食の前にミルクをあげてしまうとそれだけで満腹してしまい、離乳食をあまり食べたがらない赤ちゃんも多いので必ず離乳食を先に食べさせ、ミルクを後からあげるようにしましょう。この時期にはできるだけ離乳食でお腹をいっぱいにして栄養を摂れるようにし、ミルクを減らしていく方向に持っていくことが大事です。

生後1年~18ヶ月

離乳食をモリモリ食べる赤ちゃん

1歳~1歳6ヶ月ともなると毎食後にミルクを飲ませなくても大丈夫になります。ただ、急にぴたっと授乳をやめるのもよくありませんから、少しずつ量を減らしていくようにするのがおすすめです。

離乳食はおかゆが基本です。赤ちゃんの場合は10倍がゆがおすすめです。

10倍がゆとはお米と水の割合が1:10のものをいいますが、既に炊いてあるお米を使うのであればご飯とお水の量を1:5にしましょう。30分ぐらい弱火で煮たら裏ごしするか、すり鉢ですりつぶします。電子レンジで簡単におかゆができるおかゆクッカーもおすすめです。これを使うとほんの4分でおかゆができてしまうばかりか、すり鉢機能も付いていますので洗い物が少なくてすみます。