• おめかしした赤ちゃん
  • 幸せそうなお母さんと赤ちゃん
  • ニコニコの赤ちゃん
  • 赤ちゃんにキスをするお母さん

赤ちゃんが生まれたてのころはお父さんもお母さんも育児に大わらわで無我夢中といった感じだと思います。それがようやく落ち着くのが生後2ヶ月ぐらいのころ。この時期になると赤ちゃんは昼と夜の区別がつくようになり、言葉も発し始めます。

生後2ヶ月のミルクの量や回数の目安|飲み過ぎ、ミルクを吐くトラブルの対処法まとめ > 生後2ヶ月の赤ちゃんはどんなことができるようになるか、そして生活リズムは?

生後2ヶ月の赤ちゃんはどんなことができるようになるか、そして生活リズムは?

赤ちゃんも2ヶ月目を過ぎるとだんだん周囲のものや人に興味を示しはじめ、目で追いかけるようになります。簡単な音声も発するようになり、いよいよ育児が楽しくなるころです。

生後2ヶ月だと筋肉も発達してくる

筋肉が発達し元気な赤ちゃん

生後2ヶ月の赤ちゃんはかわいい盛りです。2ヶ月の時点での身長は男子で54.5~63.2cm、女の子で53.3~61.7cmが平均です。体重は男の子が4.4~7.2kg、女の子が4.2~6.7kgと個人差がかなり出てきます。自宅に赤ちゃん専用の体重計がない場合には赤ちゃんを抱っこして体重計に乗り、その後にお母さんだけが体重計に乗ったときの重さを差し引けば簡単に赤ちゃんの体重が分かります。この時期は1日におよそ25g、1ヶ月で1kg前後成長していきます。

このころになると筋肉が発達してきますから、生まれてすぐのふにゃふにゃした状態とは違って抱っこしていても安心感があります。床に腹ばいにしてあげると自力で頭を上げることもできますし、ちょっとの時間であればおもちゃを握ることもできるようになってきます。

生後2ヶ月の視力

目が見えてきた赤ちゃんのイメージ

周囲に対する興味が急激に増え出すのもこのころで、気になるものがあると目でしきりに追いかけるようになります。生まれたての赤ちゃんの視力は0.01程度しかなく、周囲はぼんやりと見えているだけです。色の識別もあまりできず、白黒がうっすらと分かるだけです。

ところが生後2ヶ月ぐらいになると白黒の他に黄色や緑、赤といった色を見分けることができるようになります。視力の方も0.04~0.08ぐらいに発達します。ただ、人や物体を立体的に見ることができるようになるには生後8ヶ月ぐらいまで待たなければなりません。

昼と夜の区別が付いてくる

生まれたばかりの赤ちゃんは昼と夜の区別があまり付いていませんが、2ヶ月ぐらいになると昼に起きている時間が長くなり、夜に寝るようになります。ですからベランダに出たり、少し一緒に散歩に出たりして陽の光を十分に当たるといいかもしれません。朝起きてカーテンを開けて部屋中に朝日を取り込むのもいい習慣です。

1日の睡眠時間は14~15時間が平均ですが、生活にメリハリを付けてあげるためにも夜8時には部屋を暗くしておくことが大切です。

笑顔が出たり、「あー」「うー」などといったクーイングをしたり、複雑な「あぶー」などの喃語も発したりします。これは家族との会話を欲している証拠ですから、できる限りいろいろな言葉を使って話しかけてあげるようにするといいでしょう。この時期にたくさん話しかけてあげることによって赤ちゃんの言語中枢が刺激され、将来語彙の豊かな子どもになります。

夜のイメージ

視力や注意力と共に聴力が発達してくるのもこのころなので、音のする玩具を目の前で動かしたり遠ざけたりすると喜びます。色は赤い色によく反応します。また、カラフルなスカートを視野の範囲でひらひら振るのも赤ちゃんが喜ぶ遊びのひとつです。指しゃぶりが始まるのもこの時期ですが、赤ちゃんにとっては非常に重要な動作ですから無理にひきはがしたりするのは絶対にやめましょう。

生後2ヶ月目はまた予防接種が受けられるようになる時期でもありますから、スケジュールや順番をしっかりと確認しておくといいです。赤ちゃんの予防接種を管理してくれるスマホアプリもあります。